教育保育理念

「健康で心豊かな子どもの育成」のため

・一人一人の思いや願いを叶える楽しいこども園

・一人一人のよさや可能性を伸ばすこども園

・基本的な生活習慣を身につけるこども園

・家庭や地域との連携を図るこども園

・小・中学校との連携強化を進めるこども園

・心身の健康保持増進、安全安心の施設設備や教育環境を整えたこども園

 

教育保育方針

・思い切り体を動かし、体力をつける(健康)

・一人一人のよさを伸ばし、仲良く遊ぶ(人間関係)

・基本的な生活習慣を身につける(環境)

・自分の思いを言葉で相手に伝える(言葉)

・表情や言葉でのびのびと伝える(表現)

 

教育保育目標

めざす子どもの姿

・元気で明るいこども(健康)

・仲良く遊ぶこども(人間関係)

・自分のことは自分でできるこども(環境)

・はっきり言えるこども(言葉)

・感動できるこども(表現)

 

0歳児 保育教諭との親密な関わりを通して人との信頼関係が芽生える
1歳児 安心できる保育教諭との関係のもとで、自分でやってみようとする気持ちが芽生える
2歳児 行動範囲が広がり探察活動が盛んになる
  保育教諭や友だちと遊ぶ中で、自分のしたいこと、言いたいことを言葉や行動で表現する
3歳児 先生や友だちに親しみ、安定感を持って、自分の好きな遊びを楽しむ
  身近な仲間や自然等の環境と積極的にかかわり、意欲を持って活動する
4歳児 いろいろなことに興味を持ち、友だちとかかわり合ってのびのびと遊ぶ
  信頼感を深め、仲間と共に感情豊かな表現をする
5歳児 友だちと共通の目的を持って遊び、主体的に園生活を送る
  保育教諭や友だちとの関わりの中で様々な葛藤を経験し、相手の気持ちや意図が分かるようになり解決しようとする力が育つ