学校法人成田学園について

当学園は1966年(昭和41)に開園しました。「希望ヶ丘幼稚園」として80名の園児を受け入れたことが始まりです。
「健康で心豊かな子ども」を育成することを目指して、この地域で50年以上にわたって幼児教育を実践してきました。

開園から半世紀が経ち、社会背景が大きく変化して、子どもや保護者が置かれる環境が徐々に変化してきました。
従来の幼稚園の在り方だけでは、地域の子どもや保護者の皆様に対して、理想とする教育を提供し続けることが難しくなるだろうと考え、平成29年9月より、当園は郡山市内において初となる、幼保連携型認定こども園として、リニューアルしました。

これにより当園は「希望ヶ丘こども園」として、新たに0歳から2歳までのこどもたちへの教育・保育を実践することとなり、現在では200名を超える園児が、毎日元気に登園しています。

 

開園から50年を迎え、当園は認定こども園になりました。
次の50年、つまり開園100周年にはどのような姿で、どのような園児教育を実践しているでしょうか。

もちろん、誰にも分かるはずはありません・・・

しかし、時代がどのように変わろうとも、子どもにとって理想と思える教育を提供し続ける、その姿勢が変わることはありません。

本園の教育保育の特色

1.郡山市内初の幼保連携型認定こども園として、教育と保育の両輪でお子様を育みます!

2.乳児を受け入れる園舎は新築! 温かみのある保育室でのびのび保育を実施します!

3.幼稚園の教育はそのままに保育園の機能が備わったこども園です!

4.0歳から5歳までのすべての園児が活躍できる行事づくりを目指しています!

5.18年連続日本一! 良い歯の幼稚園として福島県より平成11年から表彰され続けています!

6.当園の子育て支援は英語あそびや運動あそびなどを中心とした幼稚園教育を実施しています!

希望ヶ丘こども園 園歌

沿革

昭和41年 福島県知事より設立の認可を受け、定員80名の希望ヶ丘幼稚園開園
園舎および管理室完成  初代園長 成田瀧美
48年 遊戯室完成
成田瀧美園長、教育界への功労により、勲5等瑞宝章を受ける
52年 福島県知事・福島県教育長の許可・認可を受け、成田克俊、設置者・理事長となる
57年 定員増認可200名
学校安全優良幼稚園として、日本学校健康会より表彰を受ける
平成 2年 学校法人 成田学園が福島県知事より認可される
理事長に成田克俊就任
7年 日本防火協会より幼年消防クラブに鼓笛隊セット一式の贈呈を受ける
8年 園舎改築工事
年少組2組(椿・桐)年中組3組(桜・桃・梅)年長組2組(松・竹)7学級
  園舎改築工事終了 新園舎完成
年少組2組(椿・桐)年中組3組(桜・桃・楓)年長組3組(松・竹・梅)8学級
10年 成田克俊園長、全日本私立幼稚園連合会より表彰を受ける
17年 創立40周年
20年 子育て支援としてのひまわりキッズ実施
未就園児の為のあすなろ組開設
23年 全日本学校歯科保健優良校表彰において、文部科学大臣賞を受ける
27年 創立50周年
28年 相樂悦子園長就任
28年 第19回よい歯の幼稚園コンクール「優秀賞」受賞
 よい歯の幼稚園として福島県第1位に輝く
 平成11年より18年連続入賞
11月 工事開始
29年 4月 支給認定(1号)を受ける
 「学校法人成田学園 希望ヶ丘こども園」となる
5月 工事完了 保育部 給食室 園舎完成
       9月 支給認定(1号 2号 3号)を受ける
 「学校法人成田学園 幼保連携型認定こども園 希望ヶ丘こども園」となる
利用定員 1号 110名 2・3号 100名 合計 210名
0歳児(いちご組) 1歳児(みかん組) 2歳児(りんご組)
年少(椿組・桐組) 年中(桜組、桃組、楓組) 年長(松組、竹組)10学級
30年 11月 利用定員増の承認を受ける
利用定員 1号120名 2・3号 100名 合計 220名
31年 <多目的室を改修しクラス増となり、梅組を設置する。11学級